預かり日記
ベル、アイリス、レオン、カンナ、ジュリアン


2003.10.22〜2003.12.7

    

 
〜 預かり日記 その1(2003.10) 〜
 

チビ達がやってきた! 2003,10,22
 日曜日のお昼過ぎ、茨城の方からダンボールに入ったちび達が到着。
 思っていたより大きく、しっかりしている。
 ダンボールのそこから、鳴きもせずじーっと8つの瞳が見上げている。
 こんな瞳を見ながら、1メートルもある側溝に捨てたなんて、、
 考えることは色々あるけど、、とりあえずケージに移した。

 しかし、4匹、、それも2ヶ月くらい、、となるとかなり活発、、。
 夕方にはかなりを越えて、猛烈に活発、、と修正せざるをえなくなる。
 とりあえず、名前、、昨日電話をいただいたときから、寝ずに(?)考えた。
 男の子は令音(レオン)女の子はアイリス、カンナ、ジュリアンと、花の名前で。

 あなたはカンナ、あなたは、、とイメージにあわせて決めていく。
 なかなかイメージ通りだったと、うれしくなる。

 側溝から保護してくれた家ではカリカリフードを食べていたらしいのだけど、
 あまり食べずに、すぐ遊びにはいる。ふうちゃんや、なっちゃんからすると
 動きは全く違う。ダイナミックと言って良いと思う。
 
 コロコロ転がっていたかと思うと、突然、がうーーっ、ギャンギャン、キャーンと
 すざましい、、。一匹がおもちゃを見つけ、得意そうに見せると他の子達が争奪しょうと
 猛烈な勢いで一匹を追いかける。
 壁にぶつかっても、まったくなんでもなし。
 仮ハハは見ているだけで、ドキドキ、ハラハラ、最後には4匹をいつも確認している
 ことに疲れ果ててしまった。

 まだ、ペースがつかめなくて、深夜までつきあう。
 20日、朝1番で獣医さんへ。
 健康については、特に異常はなく、ただ捨てられていた場所がじめじめしていたので
 足に軽い皮膚病がある。全く心配するものではなく薬をもらう。
 回虫反応あり、、(これについては、4匹とも沢山出た、、とのみ、、(;-_-;)

 フードをあまり食べないのでカリカリから、すこしふやかして与えたら、、物凄い
 争いになった。まだ、固いのは早かったかも。
 明日は、ちびたちの性格など、少しわかったことをかきます。
 各々の写真は、募集に乗っているのを見てください。
 
 我が家にはもう一匹、成犬のベルを預かっています。
 この子についても、これから日記に書いていこうと思います。

 
 


私達、、こんな子よ〜 2003,10,23
 
 まだ、出会ってから5日しかたっていないんだけど、、
 すこしづつ、其々の特徴が見えてきました。

 まず、、向って左上から、
 アイリス、、4匹のなかでは1番大きくて、お姉さん挌。落ち着いています
       皆がギャーギャー大喧嘩?していると、割ってはいります。
       お止め!って感じで誰かをひっくり返して馬乗りになり、、がう、、で
       おわり。姉妹にとっては、この子が親代わり。自然ってすごいですね。
       
 カンナ、、、姉弟の中では、小さい方ですが、、1番の元気もの。
       ケンカも自分からしかけます。他のわんが持っているおもちゃが欲しくて
       いつも狙っていて、ダーッと飛びかかります。少しもジットしていなくて
       1番の子犬らしい子犬というところでしょうか。

 下の段左
 ジュリアン、1番のおちびさん、、おっとりしていて、全く手がかかりません。
       お腹が一杯になると、誰が乗っかってこようが白目むいて寝てしまいます。
       (乗っかるのは、いつもカンナ、、)目の上の毛が白くて、耳の上の毛が
       何本か長いので、岩とびペンギンの様、、また、預かりチチは、村山さんって 
       いってますが、、。(かわいそうですけど、、そっくり(笑い)

 令音(レオン)、男の子。でも1番の甘えっこちゃん。おもちゃの取り合いもしますが
       自分から諦めるようなやさしいところがあります。目があうと、ピョンピョン
       飛びついてきて、ダッコーーと膝に乗ってきます。おなかをナデナデすると
       デレーーってなります。

 まだまだ、、この子達は変わって行くことでしょう。
 まだ、不信感を知らない無垢な目をみていると、優しい里親さんにかわいがって
 もらうんだよ、、と心から願わずにはいられません。
       

 


おトイレ成功、、 2003,10,24
 
 この子達は、今まで預かった子達の中では月齢が少し高いせいか、かなりの確率で
 トイレがうまく出来てきました。まだ、5日ほどなのに、、

 始めは、ジュリアンが偶然シートの上でおしっこをしているのを見て、それから
 なんどか、ケージから出た時にさせて見ましたら、うまく出来たのです。

 これは、、、と思い、他の子達も朝、昼、、とケージから1人づつ出してシーシーと
 やりました。
 今日は、、なんと、全部の子がケージから出たときはシートにしてくれました。
 感激!!特にジュリアンは、遊んでいてもシートの上に行ってしゃがんでいます。
 そんな姿を見ると、もう、、いじらしくて胸が一杯の仮ハハなのです。
 1番最後まで出来なかったのはレオンとカンナ。
 昨日はできたり、だめだったり、、でも、今日はちゃんと。。。ウルウル、、
 
 まだ、、遊びに夢中の時は其の場でシャーですが。
 こんなに早く覚えてくれるなんて、、。なんて良い子達なんだろ。

 ウンちも大体は、成功ですが、、時々、だ〜〜れ?カリントウがころりん、、
 
 誰が最後までがんばれるか、、ひっぱりっこ。と、マイウエイ、、白目ひん剥いて
 寝てしまったジュリアン、、
 


里親さん決定! 2003,10,25
 今日は令音とアイリスのお見合い。
 まず、レオンの里親希望さん、、年頃の3人のご姉弟のうち、お2人とお母様が
 見えた。今回の預かりの中では唯一の男の子レオン。
 どうしてレオンにしたの?と聞いたら、お姉ちゃんが2人だから、僕にも弟が
 ほしい、、と。私は20数年前の我が家を思い出しました。

 一人っ子の息子は、去年死んだラッキーを、妹だ、、といっていました。
 彼にとって、ラッキーは成長期を一緒に生きた兄妹だったと思います。
 良く面倒も見ていました。
 今日の息子さんの言葉を聞いて、安心してお預けできる、、と思いました。
 きっと、良い兄弟になると思います。かわいがって下さいね。

 また、アイリスを希望された方は、東京からおいでになりました。
 アイリスを見て、思っていた通りの子だった。。と、とても喜んで下さり、すぐにでも
 連れていきたい、、とおっしゃっていましたが、準備万端整えて迎える、、と
 いうことになり、来週のお届ということになりました。

 幸せの赤い糸が、ドンドン繋がっていき私も幸せです。

 今夜の3姉妹は、なんだかケンカが多くて、、。
 やっぱり、レオンは優しさで皆のあいだの潤滑油になっていたのかも。。と思ったり。

 *なんと、お転婆カンナは食堂との仕切りを乗り越え様と、がんばっています。
 ピョンピョンしてもだめだ、、と知った彼女はついに、ジュリアンを踏み台にして、、
 ひたすら耐えているジュリアン、、。でも、このあと、ガう、、とジュリアンが
 カンナの足に一撃!あえなくカンナはひっくり返りました。
 それを見てククク、、と笑いをこらえる仮父母。*
 
 うんとやっておいてね。姉妹としていられるのはもう僅かなのだから、、。
 
 

 
 
 


叉、、里親希望さんが、、 2003,10,26
 
 カンナとジュリアンがお見合いしました。
 カンナは、埼玉からおいでのご家族と。
 パパさんは、ジュリアンも良いな〜〜とおっしゃって下さいましたが、結局は
 お嬢さんたちのご希望通りになりました。
 最近亡くなった愛犬のことを思い出されて、奥さまはちょっと涙ぐまれて、、。
 こんな人達の元なら、幸せになれる、、と思いました。

 また、その後にお見えの1年生の男の子とママさん。僕はカンナがご希望でしたが
 ママさんがジュリアンがかわいいよ。。といってくださり、最後はジュリアンを
 希望してくれました。
 ジュリアンは、賢い子ですから、きっといい相棒として仲良く成長していく事でしょう。

 今日はスタッフの方の立会いがなかったので、決定は後日です。

 *食事の風景。最初は其々分けて出していたけど、いつのまにかグジャグジャになって
 しまう。特に、カンナとジュリアンは、自分が食べているところに他の子がくると
 グーーッ、と歯をむいて、くるな〜〜のサイン。でも、アイリスなんか全くお構いなしに
 入りこんでむしゃむしゃ。カンナとジュリアンはいつまでも鼻にしわ寄せて、、。

 あれ〜〜、もう食べられちゃってるよ。あんたたちはなにやってるんだろうねぇ。
 (ちなみに、食べている時に私が手を出してもガゥはありません。)
 
 


アイリスの巣立ちと、緊急のお願い! 2003,10,27
  緊急のおねがいです
   現在里親募集中の「成犬癸坑機⊂雪ちゃん」が緊急で
   一時預かり&里親さんを探しております。
   小雪ちゃんがゆっくり養生できるよう、どうかお力を貸してください。
   詳細は扇田(kayo_tarou@yahoo.co.jp)さんの方でお答えいたします。

  もう1つおねがいです。
   かわいいミニチュアダックスのチョコちゃんが事情があって預かり先を
   探しています。
   詳しい事は
     http://diary3.cgiboy.com/0/teddy/日記の10/22を読んでね。

 どうぞ、よろしくおねがいいたします。

 今日は、アイリスが里親さんのところへ巣立ちました。
 こだまちゃんのお姉さんが、迎えにきてくださいました。なんと、里親になってくださった
 kさんは、こだまちゃんのお家の近くとか、、。縁があるんだね。

 アイリスはとってもしっかりした、子犬の中の子犬、、(預かりの自慢、、言わせてネ!)
 育てやすいと思います。
 kさん、どうぞよろしくお願いします。時々、アイリスの顔を見せて下さいね。

 *アイリスと、カンナ、こんなに大きさが違います。
  1週間たって、アイリスは2.6キロ。カンナは2.2キロ。ジュリアンは2.0キロと
  其々成長してくれました。
  
  預かり期間が短ければ寂しくないか、、といえばそんなものでもない、、とつくづく思う。
  令音も、アイリスも、、、かわいがってもらってね〜〜


ベルで〜〜す。 2003,10,29
 
 お待たせしました〜。ベルちゃんの登場です。
 募集要項にも書かれていますが、定時定点収集に持ちこまれ、明日処分の印
 (赤いマジックで背中に〇)がついているところを、保護されました。
 家にきた時、まだその印は残っていました。
 その後、飼い主のかたは里親募集には同意してくれましたが、出張が多いという事で
 こちらへ引き取り、赤い糸が繋がるのを待つ事になりました。

 飼い主と、ドライブ、、どんなにか嬉しい気持ちでお出かけだったろうに、
 ついたところは、、、。1人になってどんな気持ちだったでしょう。

 あまりの環境の激変に、どうして良いのかわからず、、少し苛立っていたようです。
 無理もないことです。
 最初は私達に何度か歯を当てました。
 しかし、段々落ち着いてきて、今では歯を当てることもなくなり、元々のこんなに
 かわいい笑顔が見られる様になりました。
 ベルちゃんの紹介をしょうとしていたところに、チビちゃんたちが入りデビューが
 一寸ばかり遅れましたが、、。
 この笑顔がいつも見られるような幸せの糸が何処かに繋がっていますように、、


   *はじゅめまして!!ベルと申します。とってもスリムな年頃の女の子です。
 預かり母さんが、ベル、、ってよんでくれると、嬉しくて、、パタパタ足踏みしちゃう、、
 一寸落ち着きなさい、、といわれるんだけど、、そんなの無理よ〜
 今日はなに??カメラ? おやつがいいんだけどな。


カンナが、、 2003,10,30

 今日はカンナがお嫁入り、、
 令音、アイリス、、カンナ、、あとはジュリアンが週末頃に、、。
 其々の幸せに向って巣立っていきました。
 いつもそうだけど、、車に乗った姿を見るのが1番切ない。
 幸せにネ、、かわいがってもらってね。。心で祈る。
 
 オットーー、秋のせいか、、柄にも無くセンチになってしまった!!
 まだまだ、、ベルちんの為にがんばらねば。。
 
 最近、私がnetを始める時間、自分のは勿論、他の方の日記にもはいれないのです〜(泣き)
 28日は、結局書けませんでした。で、、なかなか皆様のところへも訪問できなくて。
 不義理をおゆるしくださいませ。。
 なるべく昼間、、と思うのですが、、。

 カンナの今日です。
 幸せになってね〜〜。やっぱり、言っちゃった。
 
 


定時定点収集って、、 2003,10,31
 ベルちんは、とっても甘ったれさん!!
 預かりハハやチチの姿を見たら、もう大変!
 しっぽブンブン、細い身体をくねらせて、来て来てポーズ。おまけに細くて華奢な
 足をパタパタ足踏みして、、。ネ、、おねがい!早く来て!!
 はちきれんばかりの笑顔で、、、。

 こんなにかわいい子が、定期定点収集に出されていたなんて。
 皆さんは、定期定点収集ってご存知ですか?
 私も、ベルちゃんを預かる時に、スタッフのyさんにお聞きしました。
 定時定点収集ってなんですか?

 これは、収集車が市町村の指定の場所と、日時に巡回して犬やネコを収集して廻ること。
 まるで生ごみのように、、。血の通った生き物を。
 そして、定時定点収集に連れてこられる子達は飼い主が連れてくることが多いので
 翌日には処分されるのです。赤いマークはそのためにつけられるのです。

 以前、捨て犬ボックス  が話題になり、さすがにもう設置しているところは無いと
 思いますが、たいして変わらないですよね。

 私が得た知識だけですので、言葉が足りないところがあるかもしれないですが、、。

 この子を保護した方の話では、収集車の暗いトラックの中で、呆然としていたそうです。
 飼い主とのドライブ、、きっと車の中では甘え興奮していた事でしょう。
 それなのに、ついたところは、、。
 里親を探すから、、という話をしに連れていった元の飼い主にベルはしっぽブンブンで
 甘えていたそうです。この子の目を正視できたのでしょうか。

 ベルちんには、こんな暗い影などみじんもありません。
 この輝く笑顔、、、きっと素晴らしい里親さんがあらわれるよね。






HOME   まとめページのTOPへ 次を読む





































inserted by FC2 system